Speedy

早く売りたい方へ【不動産買取】

  • トップ    >   
  • 早く売りたい方へ【不動産買取】

不動産を早く売るなら不動産買取

不動産を、できるだけ早く売りたいときは不動産買取がおすすめです。売主様は不動産会社と交渉するだけで済み、購入希望者様を探す時間を節約できます。とくに諸事情から物件の現金化が急がれる場合、この売却方法を検討してみるとよいでしょう。そこで今回は、久留米市で不動産売却・買取を手がける株式会社Siプラスが不動産買取の概要やメリットなどについてご紹介します。

こんなときに選びたい不動産買取

  • 少しでも早く不動産を現金化したい

不動産買取は、売主様は売買契約について不動産会社と交渉する方法です。不動産会社と契約条件で合意が得られれば、契約は成立します。売主様は購入希望者様が見つかるまで待つ必要がなく、仲介売却などに比べると早めに不動産を現金化できます。

  • 築年数が古く、物件の状態も悪い

不動産は、築年数が経過すれば劣化を避けられません。汚れや傷みが目立つと、購入希望者様を見つけるのは難しくなります。それでも不動産買取なら条件が合えば不動産会社に買い取ってもらえるため、比較的に短時間で不動産を手放せる傾向があります。

  • 事故・トラブルなどがあった物件を売却したい

不動産が事故やトラブルを抱えている場合、仲介売却などで購入希望者様を見つけるとなると困難です。一方、不動産買取は問題のある物件も買取対象に含めている場合が多く、不動産会社に買い取ってもらえる可能性は十分にあります。

  • 周囲の人に知られずに売却を進めたい

不動産買取は、物件売却について周囲に知られたくないときにも適した方法です。契約交渉は売主様と不動産会社との間で進められ、物件情報を外部に宣伝する必要はありません。そのため、周囲に知られず不動産売却したい場合にもおすすめの選択肢といえます。

不動産買取の仕組みやメリット・デメリット

不動産買取の仕組み

不動産買取の仕組み

不動産買取は、売主様が不動産会社と契約交渉する仕組みです。契約条件について両者間で話がまとまると、売買契約は成立します。売主様は不動産会社との交渉時に購入希望者様を見つける必要がなく、仲介売却で見られるような販売活動は展開されません。中古物件であれば、たいてい多少の問題が見つかります。そのため、不動産会社は買い取った物件に改装やリノベーションを施してから改めて売り出すパターンが一般的です。

仲介売却との違い

仲介売却との違い

不動産買取と仲介売却の大きな違いは、物件を売り出すときの販売活動の有無や契約交渉の進め方に見られます。

仲介売却では、購入希望者様を見つけるため不動産会社による販売活動が不可欠です。売買契約については、不動産会社の仲介のもと売主様と購入希望者様とで話し合います。交渉がまとまると契約成立であり、売主様は売却した物件を買主様に引き渡します。

不動産買取の場合、物件を売り出すときの販売活動は不要です。売主様は、購入希望者様が現れるのを待たず不動産会社と契約交渉を始めます。売買契約が成立すれば売主様にとっての不動産売却は完了であり、売却物件は不動産会社に引き渡します。

この流れから、不動産買取は売主様と不動産会社が合意すれば即時に契約成立するところが仲介売却と異なる特徴といえます。

不動産買取がもたらすメリット

不動産買取がもたらすメリット

不動産買取の主なメリットは、不動産が売却できるまでのスピードの早さや物件売却に伴う負担の少なさです。

不動産買取では、売主様が不動産会社と売買契約を交わすと売却物件をすぐ現金に換えられます。お金を入手するまで、最短なら数日で済むといわれています。引っ越しなどで早急に費用が必要なとき、不動産買取の現金化の早さは大きなメリットです。

物件を不動産会社が買い取った場合、瑕疵担保責任は免除されます。売却後に漏水やシロアリ被害が判明しても、売主様は欠陥に対する責任を問われません。購入希望者様と交渉することはなく、内覧への対応も不要です。

不動産買取はこれらの負担を避けられ仲介手数料もかからないため、出費を抑えられるメリットもあります。

不動産買取に伴うデメリット

不動産買取に伴うデメリット

売却価格が仲介売却より低くなりやすい点は、不動産買取でよく知られるデメリットです。場合によっては、不動産会社に買い取ってもらえないケースも見られます。

不動産会社は、売主様から物件を買い取るとメンテナンスを施してから売り出すケースが大半です。その前提で売買交渉は進められるため、たいてい不動産買取の売却価格は仲介売却に比べると安くなります。

物件の劣化が激しくメンテナンスを施しても売却できる見通しが立たない場合、買取を断られることもあります。不動産買取もビジネスであり、不動産会社にとって採算のとりにくい物件は買い取ってもらうことが難しいといえます。

不動産買取は売却価格が比較的に安くなりやすく、必ず買い取ってもらえるわけではないという意味で多少のデメリットも伴います。

Pick Up!

―買取保証制度を併
用するメリット―

―買取保証制度を併用するメリット―

制度の概要

買取保証は、仲介売却で売り出した物件が一定期間にわたり売れ残った場合に不動産会社が買い取る制度です。

仲介売却は、よく物件を買主様に引き渡すまでに少なくとも4カ月前後を要するといわれています。ただ、いつでも一定期間内に購入希望者様が見つかり売買契約を成立できるとは限りません。

予定通りに物件を売却できなかったとき、必ず不動産会社に買い取ってもらえる仕組みが買取保証です。仲介売却を継続する期限は基本的に3カ月であり、不動産会社による買取保証額は事前に決めておきます。

最初に仲介売却で売り出してから売れ残ると不動産会社が買い取る流れであり、仲介売却と不動産買取の2つを合わせた方法ともいわれています。

併用するメリット

併用するメリット

買取保証の主なメリットは、仲介売却するときには市場相場に見合った価格で売り出せるところです。

不動産買取と違い、売主様は最初から不動産会社の採算性を考慮しながら価格設定する必要はありません。早めに購入希望者様が見つかれば、売主様の意向に沿った値段で売れる可能性は十分に見込めます。

予定の期間内に売却できなかったとき、そのまま売れ残る心配はありません。不動産会社が事前に決めた金額で買い取ってくれるため、不必要に安い価格で販売し続ける事態も避けられます。

買取保証は最終的に物件が売れ残る心配がなく、必ず売主様が収入を得られるメリットの大きい制度です。

買取保証をおすすめする条件

買取保証をおすすめする条件

とくに買取保証がおすすめできる条件は、あらかじめ不動産売却できる期間が決まっている場合です。

よくある事例としては、離婚に伴う売却、相続物件の現金化が必要なケース、転勤あるいは新居への引っ越しまでに売却したい場合などが挙げられます。いずれも売主様の都合を考えると、不動産売却は急がれます。

とはいえ、その後の生活を視野に入れれば少しでも高値で売りたい状況です。長々と時間をかけられなくても、期限までに物件を売りたいからと不用意に価格を安くするのは望ましくないでしょう。

期限付きでも一定の金額以上で不動産を売却したい場合、とくに買取保証はメリットの多い方法としておすすめできます。

無料査定依頼

不動産売却の相談は 0942-65-7330

お部屋探しの相談は 0942-36-7520

10:00~18:30 定休:水曜日
(GW・年末年始)

FAX:0942-36-7521

メールでのお問い合わせは

無料査定依頼

トップに戻る